2018/1/19  ハンドルの交換


12月に購入をしたハンドルNEAT-M184 STI80 は、ブレーキのブラケットの取り付け位置が
決まっていてその位置が下過ぎて合わず。
決められた位置より上にするとブレーキレバーが遠くなって峠では危険。
で、また購入。(^_^;)
ヤフオクで新品が600円、でも送料が2100円。
Tポイントで購入。


前に取り付けていた「デダPIEGA RHM BLK」に。
M184は芯芯で420mmですがこれは外外で420mm。


上から、DEDA PIEGA RHM BLK 外外での幅が400mm
DEDA PIEGA RHM BLK 外外での幅が420mm
NEAT-M184 STI80 芯芯での幅が420mm
今回購入したハンドルは真ん中のハンドルです。
420mmあった方が呼吸が楽になる感じなのですが若干広い感じもするので。


コンパクトハンドルは、アウターの曲がりがキツくなるので
ブレーキレバーの動きが悪くなります。


アウターを2cm切断しました、抵抗をより少なく。


アウターの取り回し次第でブレーキとシフトチェンジの重さが変わるので、
緩やかに円を描くように


今流のバーテープは分厚い。これは2mmなんですが。
クロモリには、昔ながらのコットンが似合うのかな。
次はコットンのバーテープを使ってみようかな。


BACK