1年ぶりにロードバイクに復活


1年間ロードバイクに乗っていなかったのですが、
ここのところ乗りたくてしょうがなくなりました。
しかし、予算は少なく10万円以内。
それでは厳しいのは分かっているけど。(^_^;)




Vitus-Razor VR ディスク(2019-Sora)
最初に選んだのがこれ。
コンポはソラでディスクブレーキ。
お値段は約7万円。
しかし問題は重い、10.49kgもある。
アルミフレームで、アルミの素材も低価格のだから。
これだと今のクロスと変わらなくなってしまう。


 


Vitus-Zeniumカーボン Disc(Taagra-2019)
もう少し予算を増やして、フルカーボンフレーム。
コンポはティアグラで機械式ディスクブレーキ、約9万円。
重量は9.7kg、それでも重いねぇ。
低グレードのカーボンだからかな。
ディスクブレーキは油圧式でないとメリットは半減ですし。
ホイールをゾンダのディスクにしたとしても9.3kgくらいにしかならないな。







Vitua-Zenium CRW カーボン(105-2019)
これは、上のフレームと同じでコンポが105で油圧ディスク。
重量は9.5kgで、セール期間中は約12万円。
女性用で、クランク長165mmとハンドル幅が380mm。
1度165mmのクランクを使ってみたい。
ホイールを換えても9kgは切らないけど、
タイヤは28Cでツーリングで林道も走れそう。
それにしてもフルカーボンで105、お得です。




Vitus-Vitesse Evo CR ディスク( 105-2019)
フルカーボンでコンポは105で、油圧ディスク。
重量は8.4kg、いいねぇ。
だけど約18万円。
だけど、上の自転車を買ったとしてもホイールは交換するようになるので
同じくらいの金額になってしまう。
ならこの方がいいよね。
この自転車のホイールはDTで、前後の重量は1.7kgくらいなので、
取り敢えずホイールは交換しなくていい。
そうそう、ラチェット音は爆音らしい。(笑)






Vitus-ZX-1 CR ディスク(105-2019)
フレームは上と同じだけど、ホイールがマビックのコスミックエリート。
重量は8.67kgと若干重くなる。
金額は187999円。
ホイールが重たいので、苦手な峠道ではより苦戦しそう。(笑)
マビックのホイールは、8万円は出さないとマビックらしい
走りの良さが出てこない。

以下、ネットから。
Vitusロードモデル 4つのカテゴリー
Vitesse(スピードマシーン、レース用)
Venon(ディスクブレーキ採用。リングライド&長距離用)
Zenium(通勤、トレーニング、オールラウンダー、万能タイプ)
Razor(快適系、初めてのロード用)





ヤフオクを見るとこれが。
金額は19万円で試乗車かな。
旧105のコンポ。
ホイールを交換したら25万円になるなぁ。






カンザキ阪急千里支店にメールして、ネットに載っていたのを
訊くと完売だとか。
で、これはどうですかと。
試乗車で多少の傷はあるとのこと。
定価334800円が約20万円。
サイズはピッタリだしいいかなと思ったけれど旧105がねぇ。
ホイールの交換も必要になるし。
正直欲しくなったけど、旧105でカラーがイマイチ。



さてどうするかいろいろと迷って考えて注文したのが先ほどのこれ。



VITUSの白い文字がイマイチだけど、
落ち着いたデザインが、50代後半の私には合っている。
この画像から、現物の色は大分違うんだろうなぁとは思いますが。
これに決めました。
クランクが52×36なので、50×34に交換が必要。
タイヤは、コンチネンタルのウルトラスポーツ2が付いているので交換。
事故に直結するタイヤは信頼しているヴィトリアルビノプロ25Cに。





9月13日にWiggleに注文をして19日現在の状況。
月曜日は祝日なので税関は休み。
届くのは25日か26日かな。
どうか、サイズ等間違ってないのが届いて欲しい。(笑)


BACK