仕事で母校の忍丘小学校に



水道屋さんの仕事の応援で行くと、そこは小学校6年の1学期まで在籍していた学校でした。
卒業はしていないのですが私にとっては母校みたいなものです。
当時は、忍岡小学校ではなく忍ヶ岡小学校でした。
「 しのぶがおか」と読みます。


プールは同じ場所にありました。


午後から土砂降り。
ここで3日間仕事をして。
嫌な思い出ばかり頭をよぎりました。
生徒達は、外科医院長の息子や社長の息子等お金持ちばかり。
私の家は貧乏?だったので、生徒達にも先生達にも差別されたりバカにされたりしていたなぁ。
いい思い出が一つもない。(汗)
6年の二学期から足立区の綾P小学校に転校したのですが。
そこの担任の先生は、30代の女性教諭。
私の家は数年間母親がいなくて、そのことに本当に気を使ってくれました。
朝は忙しいのに、爪を切ってくれたり髪がボサボサだと濡れたタオルを持ってきて直してくれたり。
朝は父親もいないので、起きて着替えたらそのまんま学校に登校してしまっていました。w
今でも中西先生のことは忘れません、感謝の気持ちでいっぱいです。
今はどうしているのかな。
もし転校をしていなかったら、小学校の思い出は辛いことだけになっていました。
人間、どこかで救われているものですね。
そうそう、綾P小学校は同じ生活レベルの人達が多くて子供ながら安心しました。w
学力の高い学校からの転校だったので成績は上がるし。


BACK