2018/5/13  クロモリのロードバイクをばらしました



このフレームを作ってから約29年。
去年、筑波山の路面の荒れた下りを走っていて、もし折れたらと心配になりました。
乗るのは止めて家宝にしようかと。


缶スプレーで塗り替えてから9年になりますが、まだ艶もありますし剥がれもなく綺麗です。
折れるとしたら、このヘッドかフォークの付け根部分か。
同級生が同じお店でランドナーのフレームをセミオーダーして日本1周に出たのですが。
1年くらいでヘッドの部分が折れました。
クロモリではなくハイテンだったのですが、当時このお店で作ったフレームはよく折れたそうです。
フレームの制作者が2人いたそうですが、そのうちの1人が溶接したフレームは特に折れたとか。
その話を聞いてより怖くなりました。
実際問題、このフレームは走行距離としてはそんなに乗っていないので今後が危ないかも?
などと考えていては乗れないですね。






今では滅多に見られないクロスドシートステー。
かっこいいね、このフレームを手放せない理由はここにあり。(笑)
きっと、溶接に手間が掛かるのでしょうね。


なで肩のフォーククラウン。
これも気に入ってます。


当時はアジャスターのついたロードエンドが主流でした。


BACK