2017/9/13 フレームバックとスマホのバッテリー


トップチューブバックにはデジカメを入れているのですが、
スマホでルートラボを見る場合はそこにバッテリーを。
でも、それだと写真を撮りたい場合直ぐにカメラの用意をすることができず。
で、バッテリーを入れるバックを探していました。


アマゾンで1299円。


縫製もしっかりしていて丈夫そう。


バッテリーは余裕で走ります。
しかし、このバッテリーだとUSBのコードが上に出るのでファスナーが閉まらないし
トップチューブから上にはみ出ます。


それで、このバッテリーを。
予想より大分大きい。
右はバッテリーケーブル。
USB Type-Cのケーブルは、品質の良い物でなければ充電ができません。
アマゾンでいろいろと探して、Ankerのケーブルに。
前に、エレコムの細いケーブルを買いましたが殆ど充電できず。



ケースからだすとスマホと同じくらいの大きさでした。


バッテリーは二つ入ります。


このバッテリーならファスナーは閉まります。


上から見るとスリムで、ペダリングに影響はなさそうです。


真下のボトルも入るし、丁度いい大きさです。


BACK